今年上半期大きく上昇したバイナンスコイン~一体何が起きている?

仮想通貨市場

今年の上半期、バイナンスが発行するバイナンスコインが大きくその値を上昇させています。

一体何が起きているのでしょうか?その中身を検証してみました。

Data みんなの仮想通貨

そもそもバイナンスコイン(BNB)とは?

バイナンスコインはその他の通り仮想通貨取引所であるバイナスが2017年7月に発行した仮想通貨で発行上限は2億枚、すでにこの枚数はすべて発行済みの状態となっています。

このBNBを使って仮想通貨の手数料支払いをしますとバイナンスでの手数料が安くなるのが特徴で仮想通貨取引所バイナンスで積極的に取引するトレーダーはBNBの保有率も高くなる傾向があります。

現在二年目なので手数料は25%割り引かれます。ただこの割引率は年を追うごとに低下して5年目以降は割引はなくなる仕組みとなっています。

このBNBは四半期ごとに発行された通貨がバイナンス自体に買い戻され買い戻された分は廃棄されることから流通量は減少して価値が上昇するという仕組みがとられています。

買戻しはバーンと呼ばれますがこれは四半期ごとに起きていますのでその価値は今も徐々に上がる方向にあるのです。

2018年11月には暴落も

ただしチャートを見るとわかりますが市場流通量が減少するという特徴を持ったバイナンスでも2018年11月にはいきなり半額に下落するという市場の洗礼を受けており、いつでも上昇する通貨であるとは言えないリスクも抱えています。

この通貨はやはり仮想通貨取引所として急激に成長しているバイナンスそのものの価値と連動している部分があるようで、今後さらにバイナスが発展することでその価値が高められる可能性は十分にありそうです。

ただ、逆に言えば取引所としてのバイナンスの価値が低下するような事態があれば一緒に仮想通貨BNBの価値も下落するリスクがあることは認識しておくべきでしょう。

またチャートを見ていますとビットコインの上昇との連動感も強いことから今後ビットコインの動向に左右されないかどうかにも注目が集まりそうです。

ICOのトークンというのは発行後90%以上が大した価値を示現できないままに低迷するケースが多いのですが、BNBに関してはICOの中でももっとも成功した通貨になってきているといえそうで、こうした通貨をうまく見つけることができれば仮想通貨でもまだまだ大きな利益にありつくことがでそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました